障がい児・者福祉事業

コミュニケーション支援事業・電話リレーサービス事業(手話)

コミュニケーション支援事業

勤務時間

月曜日~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(8:30~17:15)は手話通訳者がいます。
(祝日・12月29日~1月3日を除く)

 

さわやか会館に来られた聞こえない・聞こえにくい方に対して
手話通訳者が手話で対応します。

 

どんな事をしてくれるの?

窓口対応や館内通訳など行います。
また、手話相談室での相談事や電話通訳も行っています。

 

つい立もあって、
プライバシーが守られているのね♪

他にはどんな事をしているの?

鳥取市ろうあ者成人学級の様子

  • 鳥取市身体障害者福祉協会・鳥取市身体障害者福祉協会連合会の会議及び行事の手話通訳を行います。
  • 当団体主催行事等の手話通訳を行います。
  • 鳥取市ろうあ者成人学級の運営がスムーズに行えるよう事務を行います。
  • 手話学習・手話普及の為の講師依頼に対応します。
  • 令和4年度手話講座 

    案内チラシ


詳しい内容等につきましては、お問い合わせください。

電話リレーサービス事業

電話リレーサービス事業とは

毎月1回、聞こえない・聞こえにくい方にわかりやすい情報紙「さんさんだより」を作成・発行しています。

情報紙の「さんさんだより」って?

鳥取市や団体などで開催される翌月の手話通訳者が付く行事や催しなどの紹介をしている情報紙です。
また、定期発行以外に自然災害の警報情報・避難情報など特別なお知らせの情報があれば随時臨時発行しています。

どうしたら、「さんさんだより」が貰えるの?

聞こえない・聞こえにくい方で「さんさんだより」を読みたい方はさわやか会館へお越しいただくか、ご連絡ください。

手書きの情報紙で親しみがあるわね♪


詳しい内容等につきましては、お問い合わせください。