ボランティア
はじめませんか?


top page
鳥取市ボランティア・市民活動センター

TEL:( 0857 ) 29-2228 FAX:( 0857 ) 29-2338 E-mail:こちらをクリック
鳥取市ボランティア・市民活動センターホームページ 06/10/2003  >>サイトマップ



contents

■ホーム
■サイトマップ

情報
■情報箱
■カレンダー

発行物
■メールマガジン
■情報紙
■活動入門冊子
■助成金情報誌

講座・説明会
■説明会
■講座
■出張説明会

ネットワーク
■市民活動フェスタ
■とりぼらカフェ

ボランティア
■ボランティアとは
■活動の心構え
■イベントボラ登録
■介護支援ボランティア制度
■受入施設紹介
■団体紹介
■ボランティア募集情報
■ボランティア紹介

NPO法人
■NPO法人とは
■団体紹介

補償制度・保険
■鳥取市補償制度
■登録票・変更届
■ボランティア保険
TVC
■業務内容
■本年度事業
■所在地

相談室
■メールで

リンク
■県内
■県外


 補償制度・保険

 鳥取市補償制度 | 登録票・変更届 | ボランティア保険
 鳥取市社会奉仕活動等補償制度
 鳥取市では、ボランティア活動、自治会活動など、多くの方々よる様々な市民活動が活発に行なわれています。
 こうした活動中に、万が一予期せぬ偶発的な事故が発生することも考えられます。
 『鳥取市社会奉仕活動等補償制度』は、市が保険料を負担し、このような活動中の事故を救済し、市民の方が安心してボランティア活動や地域活動に参加できるよう保障する制度です。
 詳細については、以下をご覧下さい。
対象となる活動
1. 社会奉仕活動
 自らの利益を目的とせず、無報酬(実費弁償を除く。)で労力を提供する活動のうち、次に掲げる日帰りの活動とします。
 (1) 道路、河川、公園、学校、社会福祉施設その他公共施設又は公共的施設の環境整備活動
 (2) 防火、防災、防犯、交通安全、公共衛生及び青少年愛護のための活動
 (3) 高齢者、障害者等社会的弱者に対する看護、援護、更正等の活動
 (4) 鳥取市の事業に協力する活動
 (5) (1)から(4)までに類する活動

2. 対象となる方
 上記(1)〜(5)に活動に従事する個人、団体が対象となります。

3. 事業の登録
 補償を必要とする場合には、社会奉仕活動登録票を鳥取市ボランティアセンターに事前に提出する必要があります。

補償内容
1. 傷害事故に関する補償
 急激かつ偶然な事故で、活動者が死亡又は負傷した場合に補償します。補償内容については、次のとおりです。
補償金の種類 支給事由 補償金額
死亡補償金 活動者が、傷害事故の発生した日から起算して180日以内に
死亡した場合
500万円
後遺障害補償金 活動者が、傷害事故を直接の原因として当該障害事故の発生
した日から起算して180日以内に傷害保険約款に掲げる後遺障
害を生じた場合(その期間内に当該後遺障害の生ずることが確
定しなかった場合は、181日目における医師の診断により将来
当該後遺症の生ずる事が強く推定された場合)
後遺障害の程度により、
500万円に保険契約す
る保険約款に定める割
合を乗じて得た金額
入院補償金 活動者が、傷害事故を直接の原因として、生活機能又は業務
機能に支障をきたしたため入院による治療を受けた場合(当該
傷害事故の発生した日から起算して180日以内の間に限る。)
入院1日につき 3,000円
通院補償金 活動者が、傷害事故を直接の原因として、生活機能又は業務
機能に支障をきたしたため通院による治療を受けた場合(当該
傷害事故の発生した日から起算して180日以内の間に限るもの
とし、対象となる通院日数は90日を限度とする。)
通院1日につき 1,500円

2. 損害賠償事故に関する補償
 活動者が第三者の身体や財物又は第三者からの預かり品等に損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合に補償します。
 
補償の種類 補償金支払限度額 免責金額
身体賠償 1事故につき1億5,000万円 5,000円
財物賠償 1事故につき1億5,000万円 5,000円
保管物賠償 1事故につき300万円 5,000円
 ※ 免責金額とは、加害者が自己負担する金額で、1事故ごとに適用されます。

○訴訟、仲裁、和解、調停等に要した費用(弁護士報酬等を含む)
○損害の防止や軽減のために必要または有益な費用、応急手当、護送その他緊急処置に要した費用
○損害賠償責任の解決に当たって、保険会社に協力するために要した費用
※ 訴訟費用、損害防止費用等については、事前に保険会社の承認を得ることが必要です。

◆補償制度パンフレットはこちらをクリック下さい。
◆補償制度に関するQ&Aはこちらをクリック下さい。
事故発生後の手続き
1. 事故の報告
 社会奉仕活動中に事故が発生した場合、鳥取市ボランティア・市民活動センターへ速やかに連絡し、所定の事故概況報告書を提出してください。
 当該事故が補償の対象となる場合、社会奉仕活動等傷害事故発生報告書又は社会奉仕活動等賠償事故発生報告書を提出していただきます。

2. 事故内容の審査
 社会奉仕活動等傷害事故発生報告書又は社会奉仕活動等賠償事故発生報告書の提出後、鳥取市が補償の適用について審査を行います。
 審査の結果、補償が適用されないものと認めた場合にはその旨を、それ以外の場合には保険会社による審査の手続中であることを活動者に通知します。

3. 補償金の請求
 保険会社による審査の手続中となった場合は、保険会社から送付される請求書を保険会社に提出してください。請求時期は、次のとおりとなります。
(1)傷害事故に関する補償
 保険事由の充足が確定した後。
 ●入院補償金及び通院補償金については、すべての治療が完了した後となります。
(2)損害賠償責任保険事故に関する補償
 賠償責任に関する訴訟、仲裁、和解、調停その他法律的な解決を終えた後。

※名前の上で、右クリックして、「対象をファイルに保存」を選択して、ダウンロードしてください。
「事故概況報告書」(MS Wordファイル)

「傷害事故発生報告書」(MS Wordファイル)

「賠償事故発生報告書」(MS Wordファイル)


▲top
 登録票ダウンロード
 補償制度への加入を希望する場合には、「社会奉仕活動登録票」(下からダウンロードできます。)に必要事項を記入の上、鳥取市ボランティアセンターまで提出してください。
 また、登録内容に変更が生じた場合(代表者変更、会員数変更など)には、「社会奉仕活動登録変更届」に変更になった事項のみを記入して鳥取市ボランティア・市民活動センターまで提出してください。

 ※名前の上で、右クリックして、「対象をファイルに保存」を選択して、ダウンロードしてください。

「社会奉仕活動登録票」(MS Wordファイル)

「社会奉仕活動登録変更届」(MS Wordファイル)

▲top
 ボランティア保険
 鳥取市ボランティア・市民活動センターでは、(社福)全国社会福祉協議会のボランティアに関する保険も取り扱っています。
  • ボランティアグループ・NPO・市民活動団体向けの「ボランティア活動保険」(有料)
    詳しくは、こちらのページをご覧下さい。
  • 行事、イベント用の「ボランティア行事用保険」(有料)
    詳しくは、こちらのページをご覧下さい。
 センターで取り扱っているのは、上記の2種類です。申込をされる場合は、センター窓口までおこしください。

 ● 詳細については、(社福)全国社会福祉協議会の「ふくしの保険ホームページ」をご覧下さい。

▲top

___________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________
Copyright (C) 鳥取市ボランティア・市民活動センター, All rights reserved.