戻る

権利擁護支援センター事業詳細

日常生活自立支援事業

 日常生活に不安をかかえている高齢者や障がい者(知的障がい、精神障がい)などの自立を助け、住みなれた地域や施設などで安心して生活がおくれるようお手伝いします。

(1)福祉サービス利用援助
 福祉サービスを安心してご利用いただけるようお手伝いします。
・さまざまな福祉サービスの利用に関する情報の提供、助言
・福祉サービスの利用申し込み手続き
・福祉サービスの利用料金の支払い手続き
・福祉サービスにおける苦情解決の援助

(2)日常的金銭管理サービス
 日常生活に必要な払い戻しや支払いをお手伝いします。
・年金や福祉手当の受領手続き
・病院への医療費の支払い手続き
・税金や社会保険料、電気、ガス、水道など公共料金の支払い手続き
・日常品購入代金の支払い手続き
  ※上記の手続きとそれにともなう預貯金の出し入れをお手伝いします。

(3)書類など預かりサービス
 大切な通帳や印鑑、証書などを安全に保管します。
・預貯金の通帳
・証書(年金証書、保険証書、不動産権利証書など)
・実印、銀行印
・そのほか、必要と認めた書類
  ※宝石、貴金属、書画、骨董などはお預かりできません。

●利用料
・1時間以内/1,200円(以降30分ごとに600円)
・書類など預かりサービスは、月額200円
  ※ただし、生活保護を受けている方はすべて無料(保護費負担)です。

成年後見事業

認知症高齢者、知的障がい者及び精神障がい者等の意思能力や生活状況に応じて、成年後見制度を活用出来るよう支援します。

(1)成年後見制度の利用についての相談
(2)成年後見制度申し立ての支援
(3)法人後見等の受任

市民後見人養成事業

 認知症、知的障がい、精神障がい等により判断能力が十分でない方の生活を身近な立場で支援し、後見活動を行っていく「市民後見人」を養成します。

(1)市民後見人養成講座の開設と受講者の募集、選考

(2)養成講座修了者の受入

(3)市民後見人の後見活動への支援